レンタルドレス選びはサイズ確認をしっかりと

結婚式や改まったパーティに招待されたとき、活躍するのがレンタルドレスです。気に入ったドレスを手頃な価格で着られるので、とても便利です。レンタルドレスの店に行って試着しながら選ぶと、店員さんからアドバイスを受けられるので、失敗することがありません。でも近くに店がない場合は、自分でサイズを確認してネットで選ぶことになります。届いたドレスを開けてみてサイズが合わないことに気がついた、というのでは手遅れです。では、どうすればそんな失敗を防ぐことができるのでしょうか。

まず大事なことは、手持ちのドレスや服の号数やバスト、ウエストやヒップ、肩幅を確認することです。次に、実際の自分の身体のサイズを測ります。既成服はメーカーによって仕上がりサイズが違うため、実寸法を測っておくようにしましょう。測るのはバストとウエスト、ヒップと肩幅、そして丈です。注意しなければならないのは、ドレスを着るときに補正下着を着用する場合です。補正下着を着ると、サイズが変わってしまうので、当日着るインナーを着てから測ることが大切です。

さらに丈は、当日履く予定の靴か同じ高さの靴を履き、硬い床の上に立って測ります。デザインや色も大切ですが、サイズが合ったレンタルドレスなら身のこなしもきれいになり、パーティを思いっきり楽しむことができます。