バイク保険と事故の対応

バイクでの事故が多いのは、車との接触事故だと言われています。次いで、バイクの転倒事故も多くなっています。

バイクでの事故は、転倒によりライダーへの怪我のダメージが深刻になりがちです。ですから、法律で強制された自賠責保険では、ライダー自身への補償はありません。自賠責保険は、対人事故の被害者を補償するための保険なのです。重症な怪我を負う危険性のあるライダーは、任意のバイク保険に加入することが大切です。

このバイク保険の人身傷害保険に加入しておけば、万が一の時の事故でも安心です。これは、ライダー自身が負った怪我のための保険です。また、同乗者がいる場合には、搭乗者傷害保険に加入することにより安心の幅が広がります。また、バイクも車両保険に加入することにより、損傷しても補償の対象になります。

実際に、事故に遭ってしまった場合には、まずけが人の救護を行います。2次災害を防ぐために事故現場の状況を確認したら、バイクを安全な場所へおきます。その後、警察へ連絡し、事故の相手の連絡先などを聞き取り、近くに証言してくれる目撃者がいないか確かめます。その後、保険会社へ速やかに連絡します。いざという時は慌ててしまうので、余裕のあるときに手順や連絡先を確認しておくと良いでしょう。